温暖な静岡から極寒の北海道へ引っ越し

引っ越しが決まったのは2011年3月の事でした。静岡で腰を落ち着けて起業する予定が、パートナーの父親が倒れ急遽地元の北海道へ戻ることになりました。本州から北海道への引っ越しの為、引っ越し業者の選定もフェリーを使う引っ越し会社かJRの貨物を使う引っ越し会社か迷い、数社相見積もりを取り選定しました。引っ越し料金/引っ越し費用が安い業者、地域相場情報
相見積もりをすることで、業者同士が競争するため価格は2LDK2人分の荷物で14万円前後だったかと思います。結果的にはフェリーを使って輸送してもらう会社を選びました。
静岡を出てから北海道の新しい家に荷物が着くまで3日かかるとのことでしたので前乗りして荷物が着くまでの間はホテルに滞在しました。やはり長距離だと、その日のうちに荷物が来ないのでとても不便でした。その年の釧路の気温はマイナス29度を記録する恐ろしい寒さだったので手持ちの冬服ではかなり寒くて、たくさん重ね着をしていました。
あと私は、観葉植物が好きで小さな鉢でしたが結構な数育てていたのですが、北海道に植物たちが来る頃は寒さにやられていて枯れてしまっていたのがとっても悲しかったです。
そして、荷物が到着したのが3月10日。東日本大震災の前日でした。あと1日遅れていたら私たちの引っ越し荷物は恐らく数週間は到着しなかったことでしょう。遠い寒冷地に引っ越す時は完全防寒対策とタイムロスをした時の対策をきちんと立てておくことをお勧めいたします。遠方の寒冷地に引っ越しをされるときは